「さわらび通信」HPへ

さわらび通信メッセージボード

39052
歴史・考古・民俗学関係の情報・イベントのお知らせはこちらへどうぞ。 お便り・ご意見の掲示板はここをクリック 
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

『房総の石仏』第26号が発刊 - 蕨由美Mail URL

2017/02/18 (Sat) 13:42:00

房総石造文化財研究会機関誌『房総の石仏』第26号が発刊されました。
私も「印西市域と北総の「百庚申」について―最近の調査と知見から―」を掲載させていただきました。

購読ご希望の方は、房総石造文化財研究会事務局まで、ご連絡ください。
なお、上記連絡先をお知りになりたい方は、この投稿者までE-mailをくださいませ。

フォーラム 房総の牧を考えるの開催 - 酒々井町教育委員会Mail

2016/12/24 (Sat) 15:45:43

房総最大の歴史資産である野馬牧の魅力を歴史研究者、文化財行政担当者の報告から再確認するとともに、現況と利活用の情報と日本遺産申請に向けての今後を展望するためフォーラムを開催します。

1 日 時  平成29年2月5日(日)
       午後1時~5時 受付午後0時30分
2 会 場  プリミエール酒々井 文化ホール
       千葉県印旛郡酒々井町中央台3-4-1
       043(496)8681
3 主催等  酒々井町、酒々井・千葉氏まつり実行委員会
       コーディネーター
       久留島浩 国立歴史民俗博物館館長
4 内 容  
 第1部 基調報告 房総の牧の魅力とは?
  野馬土手の魅力  青木更吉氏  
  近世の牧と村   佐々木克哉氏 
  牧の開発     天下井恵氏
  史跡下総小金中野牧跡の保存と活用 鎌ケ谷市教育委員会
  馬牧と地域遺産の利活用       富里市教育委員会
 第2部 事例報告&討論 房総の牧を日本遺産に
  事例報告
   「北総四都市江戸紀行」の日本遺産登録について
                 千葉県教育庁文化財課
   「野馬まつり」復活の試み 酒々井町教育委員会
下野牧について        船橋市郷土資料館
峯岡牧について 鴨川市教育委員会
佐倉市内の牧資料について  佐倉市教育委員会
千葉市内の牧資料について   千葉市教育委員会
討 論 日本遺産登録の可能性について
総 括  久留島浩 氏

1/15「馬場小室山遺跡フォーラム」第77回ワークショップのお知らせ - 蕨由美Mail URL

2016/12/22 (Thu) 15:40:07

皆様へ
下記の通り、来年1月15日にワークショップを開催しますのでご参加ください

日時:2017年1月15日(日)  10:30~16:30
 
場所:三室公民館 1F研修室(12時から会議室1に変更)
 さいたま市緑区三室1946-5
 JR東浦和駅10:05発 馬場折返場行きバスで「松ノ木」下車

内容:
1.馬場小室山遺跡の縄文時代中期中葉を考える
2.中部から北関東西部における弥生前期の再葬壺棺墓
3.今後のイベント準備について
 ・3/5 第78回ワークショップ=コムナーレ・フェスティバル参加
 ・4/2  お花見ワークショップ=遺跡の巡検と学習会
 ・5/4 「馬場小室山遺跡de縄文インスタレーション」
4. その他情報交換など自由な意見交換とワイン・アーケオロジー
 ・「山田湾まるごとスクール」の「お米サンタ」報告
 ・『さいたま・水とみどりのアカデミーⅣ 平成27年度講義要約』から 
 ・宇都宮市刈沼遺跡で古鬼怒湾系「製塩土器」の確認
など

『史談八千代』41号が発刊されました - 蕨由美Mail URL

2016/12/06 (Tue) 22:38:57

八千代市郷土歴史研究会機関誌『史談八千代』41号が先日、発刊されました。
今号は「旧麦丸村の総合研究」の特集で、1冊700円(送料実費)です。
ご希望の方は、E-mailにてお知らせください。

史談八千代 第41号  目次

○ 特集 旧麦丸村の総合研究
1 「旧麦丸村の総合研究」にあたって      会長 牧野光男
2 麦丸村の領主と百姓
2-1 麦丸村の領主            青田博之・平塚 胖
2-2 年貢割付状にみる麦丸村の年貢      斎藤 惇
2-3 宗門人別帳にみる家族構成        青田博之
2-4 麦丸村の屋敷配置と屋号         菅野貞男
2-5 「嘉永六年臨時覚帳」にみる浪士無心   青田博之
3 麦丸の神社・寺院信仰
3-1 はじめに                田中 巌
3-2 日枝神社及び境内の石造物        菅原賢男
3-3 東福院と麦丸周辺の情景         田中 巌
3-4 麦丸の小さな三峯神社と古峯神社     山口 忠
4 麦丸の石造物
4-1 麦丸地区のムラの講の石造物       蕨 由美
4-2 供養された江戸時代の麦丸の人々   
-大日前の詣り墓とその裏山の供養塔調査から-  蕨 由美
5 麦丸の民俗行事
5-1 旧麦丸新田・熊野神社のオビシャ     畠山 隆
5-2 日枝神社のオビシャ           菅原賢男
5-3 春の女人講行事「麦丸の子安ビシャ」   蕨 由美
5-4 獅子頭上げ神事             菅原賢男
○ 旧吉橋村の総合研究 そのⅢ
 江戸時代における貞福寺の寺格を考える   
史料紹介-佐倉市井野 千手院所蔵文書から-     村田一男
○ 特集
1 八千代市の「中世城郭と館」            山口 忠
2 「八千代歴史遺産めぐり散歩コース」の開発中間報告 田中 巌
3 「八千代八福神めぐりの活性化」の再開発中間報告   斎藤 惇
4 八千代市内の古代製鉄関連遺跡           田中 巌
○ 研究ノート
 参拝供養塔にみる富士講と大山講について       山口 忠

11/27馬場小室山フォーラム第76回ワークショップ - 蕨由美Mail URL

2016/11/12 (Sat) 22:29:05

馬場小室山遺跡に学ぶ市民フォーラム第76回ワークショップのお知らせ

馬場小室山遺跡に学ぶ市民フォーラムでは、昨年からさいたま桜環境センターで行われる「桜エコ・フェスタ」に参加して、街づくりにおける遺跡の活用を環境と芸術の両面からアプローチする可能性を訴求・提案してきました。
今年も11月27日(日)「桜エコ・フェスタ2016」にブースを設けて、遺跡のジオラマやパネルなどを展示して解説するほか、プレゼンテーションも行います。
また、昼食や休憩時に参加団体用控室にて、ミニレクチャーを予定していますので、ぜひご参加ください。(昼食持参をお勧めします)

☆集合場所(会場):さいたま市桜環境センター2階3Rマーケットゾーン
・JR「西浦和駅」下車 徒歩15分(志木街道を西側、荒川河川敷の秋ヶ瀬公園へ向かうと右手に新築4F建物が見え、鴻沼川の橋を渡ると直ぐです。)
・JR武蔵浦和駅・西浦和駅から無料送迎バスあり
武蔵浦和駅発8:40、10:00、10:30、11:00、12:00
西浦和駅発 8:50、10:10、10:40、11:10、12:10

☆集合時間:さいたま市在住の方は準備のため、9:00集合(9:50開会式)
遠隔地の方は、正午前に会場までお出でください。

☆控室でのミニレクチャー
・弥生時代前期から中期前葉にかけての再葬土器棺墓と系列、集団の交替劇が顕著な集房状構成土壙群の例を紹介予定。
・その他情報交換など自由な意見交換とワイン・アーケオロジー(調布市下布田遺跡の横位合口土器棺の紹介など)

☆ご参加の方は、この記事の投稿者までメールでご連絡ください。

☆会場について詳しくは、さいたま市桜環境センターHP「イベント情報」を参照してください。
http://sakura-kc.saitama.jp/kankyo/event/post_id=485

12/3~4 「ふるさとの歴史展」in八千代 - 蕨由美Mail URL

2016/11/05 (Sat) 10:06:57

八千代市郷土歴史研究会・八千代市主催
「平成28年度ふるさとの歴史展」のご案内

今年度のテーマは、「麦丸の総合研究」
旧麦丸村の領主と百姓・神社寺院・石造物・民俗行事を紹介します。


日時:2016年12月3日(土)13:00~17:00
       12月4日(日)9:00~16:00

場所:八千代市市民ギャラリー
   東葉高速「村上駅」下車、徒歩約10分

主な出展・発表
1、麦丸村の領主と百姓
2、麦丸の神社・寺院
3、麦丸の石造物
4、麦丸の民俗行事
5、特別研究
  ①吉橋貞福寺研究
  ②中世の城塞と館の調査研究
  ③古代製鉄
 (都合により出展の内容が変更される場合があります。)

11/6 宝金剛寺での講演会の紹介 - 蕨由美Mail URL

2016/10/08 (Sat) 11:29:52

宝金剛寺さんから、講演会のチラシ(添付画像)をいただきましたので、ご紹介します。

講演会 『宝金剛寺の古文書』
    『宝金剛寺の虚無僧掟書について」

11月6日(日)午後2時から、主催と場所は宝金剛寺(佐倉市直弥)

10/30馬場小室山遺跡 第75回ワークショップのお知らせ - 蕨由美Mail URL

2016/10/08 (Sat) 10:55:38

「馬場小室山遺跡に学ぶ市民フォーラム」第75回ワークショップのお知らせ

・日時:10月30日(日)10:15~16:30

・場所:さぎやま記念公園、および同記念館(内容の2~4)

・集合: 10:15 JR武蔵野線「東浦和駅」ロータリー
 集合後、国際興業バス10:23発「さいたま東営業所行」に乗車、「さぎやま記念公園停留所」で下車。午後から参加の場合は12:35発あり

・内容:
1. 埼玉大学有機農業研究会による「見沼・縄文文化劇場」*の見学
*飯塚邦明さんの曲と井山真理さん振付のアレンジによる縄文人の登場と踊り・井山さんのジオラマで馬場小室山遺跡と縄文時代を解説など、午前・午後の2回実施

2. 馬場小室山遺跡「第51号土壙」から展望する縄文時代晩期の墓制と土器社会論(2)-基礎研究の確認-

3. 第4回「山田湾まるごとスクール」(9/3~5)実施後の取り組み(10/16岸町公民館1F体育館展示ブースにての発表)の報告

4. その他情報交換(「製塩遺跡」の立地や動態について、他)

☆参加される方は10/26までに、投稿者までメールでご連絡ください。

8/27 石仏ゼミナールのご案内 - 蕨由美Mail URL

2016/07/18 (Mon) 23:17:55

房総石造文化財研究会 第1回石仏ゼミナールのご案内

・日時 平成28 年8 月27 日(土)12:50 ~ 16:00 (受付開始12:15)
・会場 千葉県立中央博物館講堂 (千葉市中央区青葉町955-2)
・テーマ「石塔・石仏から何が見えるか― 時空を越えて語るもの― 」
・内容  開会の挨拶
《1》古代からのメッセージ(玉井ゆかり)
《2》中世の石造物を紐解く(早川正司)
《3》近世庶民信仰への展開(木原律子)
質疑応答・閉会の挨拶

【お申込みは不要です】当日受付先着200 名
【資料代】300 円(会員は無料)

詳しくは下記PDFで
http://sawarabi.a.la9.jp/160827sekibutu.pdf

8/6 井野長割遺跡見学と 石おのできこり体験 - 蕨由美Mail URL

2016/07/15 (Fri) 10:19:40

佐倉市の「国史跡 井野長割遺跡」見学と 石おのできこり体験!
http://www.city.sakura.lg.jp/0000015277.html

「何分で切り倒せるかな?」
 •夏休みの思い出に、石おので木を切ってみよう!
 •縄文時代の集落跡の井野長割遺跡の見学会もあります。
開催日時:平成28年8月6日(土)※雨天時翌日延期
 •見学 9時30分~10時20分
 ・体験 10時30分~11時30分
対象
 ・小学校高学年以上(小学生は保護者同伴)
 ・集合場所:佐倉市井野小学校
 ・参加無料  
  •要電話申し込み 佐倉市文化課:043-484-6192

私は自転車で行きますが、遠い方でお車の方は、オープンしたばかりのイオンタウンのPを利用してついでにお買いものされるとよいかと思います。 


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.