「さわらび通信」HPへ

さわらび通信メッセージボード

46210
歴史・考古・民俗学関係の情報・イベントのお知らせはこちらへどうぞ。 お便り・ご意見の掲示板はここをクリック 
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

11/18 石仏ゼミナール「石仏にみる地獄・極楽」 - 蕨由美Mail URL

2018/10/15 (Mon) 14:17:54

房総石造文化財研究会主催

11/18 石仏ゼミナール「石仏にみる地獄・極楽」のお知らせ

日時:2018年11月18日(日)午後1時~4時
会場:千葉県立中央博物館講堂

講師:土井照美・川戸彰・玉井ゆかり
(⇒詳しくは画像をクリック)
資料代:300円 申し込み不要

10/14「馬場小室山遺跡フォーラム」第91回ワークショップの - 蕨由美Mail URL

2018/09/20 (Thu) 11:13:38

「馬場小室山遺跡フォーラム」第91回ワークショップの
お知らせ

☆日時:2018年10月14日(日)10:00~16:30
 
☆集合:JR武蔵野線「東浦和駅」前 10:00集合
集合後、徒歩15分の東浦和公民館*に向かいます。
*さいたま市南区大谷口5339

☆活動内容:
1.馬場小室山遺跡の晩期研究、三つの主題に対する新展開
(1)〔集落〕土塚をつくる集落と窪地に向かう集落&その分岐点
(2)〔葬墓式〕巨大土壙は次の入植者にはどのように見えていたか?
(3)〔接圏文化〕馬場小室山遺跡の「製塩土器」から分かる異系統融合による共生状況

2.縄文時代後晩期を中心とした「土器型式」ワークショップ
茨城県崎房新田遺跡の未発表資料を分類します。

3.「山田湾の蝦夷考古学」の動向:文字から離れて「モノ」を観る!
無文字社会の末期古墳群から律令社会との関係を読み解きます。

4.その他情報交換など自由な意見交換とワイン・アーケオロジー
「噴火」、「地震」、「津波」に続き、「洪水」についても縄文時代を中心に話題提供など

☆参加の方は10/10(水)までに、この記事の投稿者E-mailにて、お知らせください

8/12「馬場小室山遺跡フォーラム」第90回ワークショップのお知らせ - 蕨由美Mail URL

2018/07/22 (Sun) 19:03:38

「馬場小室山遺跡フォーラム」第90回ワークショップのお知らせ

1.日時:2018年8月12日(日) 10:50~16:30 

2.集合時間・場所:JR高崎線「宮原駅」改札口 10:50集合
   集合後、タクシーに分乗してギャラリー「風画」に向かいます。
   〒331-0045 さいたま市西区内野本郷971-6
   ℡048-625-0521

3.活動内容
 1.井出政男個展「・・遥かな縄文土器・・」鑑賞&」ギャラリートーク

 2.第6回「山田湾まるごとスクール」準備ワークショップ
 (1)7/27(金)-7/29(日)の現地下見の報告
 (2)第6回「山田湾まるごとスクール」の企画
 (3)「山田湾の蝦夷考古学」の動向(2)
  『古代』第142号掲載の五十嵐聡江論文について

 3.大宮台地における新たな人面文土器の紹介

 4.その他情報交換など自由な意見交換とワイン・アーケオロジー

☆参加される方は8/8までに、この記事の投稿者E-mailにて、お知らせください。

6/24「馬場小室山遺跡フォーラム」第89回ワークショップのお知らせ - 蕨由美Mail URL

2018/06/12 (Tue) 22:01:11

☆日時:2018年6月24日(日)11:00~16:30 
☆集合場所:さいたま市民活動サポートセンター・11時に印刷室集合
JR「浦和駅」東口のパルコ(浦和コムナーレ)9F受付の左奥
(午後はテーブル席に移動)
☆内容:
1. 第6回「山田湾まるごとスクール」の準備ワークショップ(AMは印刷と丁合)
・2018年度交流計画
・「山田湾をのぞんだ縄文むら」の学習会 
・「山田湾の蝦夷考古学」の動向
2. 日本考古学協会研究発表会参加者報告(参加者各位の関心から)
3. その他情報交換など自由な意見交換とワイン・アーケオロジー
☆ご参加の方は、6月20までにこの記事の投稿者へのメールにてご連絡ください。

6/30白井市文化財講演会のお知らせ - T

2018/05/23 (Wed) 01:39:40

日時:6月30日(土) 13:30~15:30
入場:無料(定員90名、当日受付13:00~先着順)

テーマ:「板碑から探る中世の白井」
基調報告:「中世の白井について」白井市教育委員会
講演1:「関東地方における中世の河川流路と石材流通について」
    柴田徹氏(松戸市立博物館研究員)
講演2:「考古学から探る七次の板碑」
    倉田恵津子氏(白井市郷土資料館運営協議会長)

会場:白井市文化会館中ホール(白井市復1148-8)
   *北総鉄道白井駅下車徒歩10分、白井市文化センター2階)
問合せ:白井市教育委員会生涯学習課(047-492-1123)
※当日、会場内で「七次の板碑」のミニ展示があります(13:00~15:45)

Re: 6/30白井市文化財講演会のお知らせ - 蕨由美Mail URL

2018/06/07 (Thu) 21:19:00

お知らせありがとうございます。
今日、白井市郷土資料館に行きましたら、ポスターが貼ってありました。
当日はお伺いする予定ですので、よろしくお願いします。

5/20物井の史跡見学会(八千代栗谷遺跡研究会主催) - 蕨由美Mail URL

2018/05/11 (Fri) 22:10:18

5/20 八千代栗谷遺跡研究会主催の四街道市物井の史跡見学会のお知らせ

見学会「古代の物部郷 物井コースを歩く」
集合:5月20日(日)午後1時、JR物井駅改札口

<主な見学箇所>
 物井駅→天照皇大神社→スダジイ→円福寺→古屋城跡→御山の不動堂→物井古墳広場→長岡の念仏塔→長岡の石塔群→むくろじの里山→栗山の馬頭観音→栗山香取神社→たろやまの郷→栗山馬洗の秩父三十四番供養塔→バス停「馬洗」→四街道駅

参加申込みは、この記事のコメントで、または投稿者「蕨由美」Eメールをクリックして、メールでお知らせください。

『房総の石仏』第27号が発刊 - 蕨由美Mail URL

2018/04/25 (Wed) 10:58:01

 房総石造文化財研究会機関誌『房総の石仏』第27号が発刊されました。
拙稿「北総の女人講関連の石造物にみる女性名表記の変遷」も掲載しています。
購読ご希望の方は、房総石造文化財研究会事務局まで、ご連絡ください。
なお、上記連絡先をお知りになりたい方は、この投稿者までE-mailをくださいませ。

5/13石仏講演会のお知らせ - 蕨由美Mail URL

2018/04/17 (Tue) 13:53:00


演題:「石仏を彫る-石工の仕事-」(石仏加工の実際についてのお話です)
講師:小泉俊春氏(小泉石材店代表取締役・埼玉県石材業協会副会長)
日時:2018年5月13日(日)午後1時半より
場所:千葉県立中央博物館研修室(講堂の隣り奥)
主催:房総石造文化財研究会
参加費:300円
石造物に関心ある一般の方々の参加も歓迎です。

5/4「馬場小室山遺跡フォーラム」第88回ワークショップ - 蕨由美Mail URL

2018/04/13 (Fri) 18:58:07

「馬場小室山遺跡フォーラム」第88回ワークショップのお知らせ

☆日時:2018年5月4日(みどりの日) 10:00集合~16:30 
☆集合場所:「三室中学校前」バス停
(JR武蔵野線「東浦和駅」から国際興業バス「馬場折り返し場行」約10分)

☆午前中は、馬場小室山遺跡にて、恒例のイベント「馬場小室山遺跡のクリーンアップと青空考古学教室」(一般市民・家族向け)を開催します。(画像のチラシを参照)

☆午後の活動=13:00~ 三室公民館1F研修室にて
1. 「土器型式」ワークショップ
馬場小室山遺跡市民フォーラム参加者が自発的に保護された資料についての「土器型式」の同定
2. 「山田湾まるごとスクール」事業について
・2018年度交流計画の検討=第5回「山田湾まるごとスクール」の日程など
・「山田湾の蝦夷考古学」の学習会=製鉄遺跡をテーマに大宮台地の動向を学習
3. 日本考古学における坪井正五郎の役割=1年間(6回)の『アルカ通信』連載記事を解説
4. その他情報交換など自由な意見交換とワイン・アーケオロジー

☆午後の活動参加者は、資料準備のために4月30日までにこの記事への返信、または投稿者宛てメールにて連絡ください。(午前の活動は参加自由)

龍腹寺の庚申塔 - 山下 慶治Mail

2018/04/04 (Wed) 17:08:06

初めまして。私は龍腹寺の生まれでして本埜村史をよんでいましたら生家の近くの庚申様の制作のいわれがのっていいまして百文ずつ集め船賃石代彫代宴のとうふ代それに朝まで宴をした等書かれていました。しかしその庚申塔が半分近く土に埋もれおまけにそばで工事が始まっています。何とかきれいに立て直し確実に保存が保証できる手立てはないものでしょうか。印旛村資料館の野村さんに相談しましたがいい手立てはないとのことでした。良い方法はないものでしょうか。

Re: 龍腹寺の庚申塔 - 蕨由美Mail URL

2018/04/07 (Sat) 21:41:47

山下様、投稿ありがとうございます。
竜腹寺や道作古墳入口などのいくつかの庚申塔は確かに半分以上埋まっていたり、滝の庚申塔のように倒れて台座から離れて叢に埋まっているものがありますね。
庚申講が続いていれば、講の世話人さんが地区の方々と設置し直しされると思いますが、講が廃絶していて祀る方々もおられないとなると、どうしようもないかもしれません。
村史にいわれがあるような石仏でしたら、印西市役所生涯学習課文化財係に相談されたらいかがでしょう。
また、区画整理や道路建設などにかかっている際は、開発主体が移動、再設置はしてくれると思います。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.