「さわらび通信」HPへ

さわらび通信メッセージボード

40190
歴史・考古・民俗学関係の情報・イベントのお知らせはこちらへどうぞ。 お便り・ご意見の掲示板はここをクリック 
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

白井市文化財講演会 - T

2017/05/14 (Sun) 15:28:18

白井市文化財講演会のお知らせです。

日時 平成29年5月27日(土) 13:30~15:20
会場 白井市文化会館中ホール(白井市文化センター2階)
    住所 白井市復148-8
演題 江戸時代の房総にみる炭生産と流通
    -佐倉炭と久留里炭-
講師 後藤雅知先生(立教大学文学部史学科教授)
定員 90名 入場無料
申込 事前申込不要 当日13時~受付(先着順)
交通 北総鉄道白井駅下車徒歩10分 
    国道16号「白井」交差点から車で2分
備考 無料駐車場あり
問合せ 白井市教育委員会文化課 
      047(492)1123

5/4「馬場小室山遺跡フォーラム」第80回ワークショップのお知らせ - 蕨由美Mail URL

2017/04/26 (Wed) 19:12:08

5/4「馬場小室山遺跡フォーラム」第80回ワークショップのお知らせ

日時:5月4日(みどりの日)10:00~16:30 

☆午前=馬場小室山遺跡のクリーンアップ大作戦と青空考古学教室
・集合:「三室中学校前」バス停 10:00
(JR武蔵野線「東浦和駅」から国際興業バス「馬場折り返し場行」バス)
・場所:「埼玉県指定史跡 馬場小室山遺跡跡」にて
・チラシ写真参照のこと

☆午後=ワークショップ 13:00~ 三室公民館にて
・来年に向けての青空考古学教室とインスタレーション
将来を担う子供たちへの良き思い出となる場を目指した県史跡・馬場小室山遺跡の活用を検討します。
・『見沼たんぼ見どころガイド2017』=埼玉大学有機農業研究会(顧問・本城昇名誉教授)が縄文時代と馬場小室山遺跡を紹介しました。皆さんに配布します。
・「山田湾まるごとスクール」事業計画=第4回「山田湾まるごとスクール」を記録集から振り返り、2017年度交流計画について検討します。
・『アルカ通信』連載記事について=この1年間(6回分)の記事を振り返ります。
・「小深作遺跡の近況について」その他情報交換など自由な意見交換とワイン・アーケオロジー

☆参加希望の方は4月29日(土)までに、この投稿者へのメールでご連絡ください。

4/2「馬場小室山遺跡フォーラム」第79回ワークショップ - 蕨由美Mail URL

2017/03/21 (Tue) 16:53:35

「馬場小室山遺跡フォーラム」第79回ワークショップのお知らせ

【日時】2017年4月2日(日)10:00(集合)~16:30

【集合場所】JR大宮駅改札を出てすぐの中央待合場所「豆の木」
 大宮公園周辺の飲食店はランチ客や花見客で混雑が予想されますので、お弁当持参でお花見予定。

活動内容:
1.芝川中流域の縄文遺跡散策
・環提土塚が確認できる氷川神社遺跡と谷の関係
・木道が確認された寿能泥炭層遺跡と「縄文出崎」の地形

2.埼玉県立歴史と民俗の博物館で開催中の企画展『縄文の空間―暮らしと願い―』 見学

3.馬場小室山遺跡の縄文時代中期を考えるために(2)
茨城県常陸大宮市滝ノ上遺跡における中期中葉の文化系統の複雑な交流動態の2回目

4.亀ヶ岡型変相イデオロギーと「ムロさま」(人面文インダストリー論」が語る人面文土器の特徴と来歴)

5.情報交換など

参加希望の方は3月29日までに、この投稿者へのメールでご連絡ください。

お問い合わせ - 石井 由美子Mail

2017/03/20 (Mon) 14:06:25

初めまして。私、由美さんの通信を毎回楽しみにしている石仏大好き人間です。19夜塔、庚申塔のやさしい表情に癒され由美さんの写真に登場する石仏達には、愛おしさを感じております。
 私事で恐縮ですが、数年前に図書館の郷土史コーナーで「榎本正三」氏の文献に出会い夢中で読み終えました。
19夜塔の石仏の思いが榎本氏の文献に登場する女性たちの思いと重なった感じを受けました。
又、男性の立場でありながら哀しい女性の心情を理解し、文字に表現出来るすばらしい民俗学者さんだとも、感じました。
お礼の手紙等を考えておりましたら、「故榎本氏」という表現を目にして驚きました。お亡くなりになったのですね。
●大変、不躾で失礼な事と、存じます。失礼をお許しくださいね。
由美さんは榎本氏を存じ上げられておりますでしょうか。
私が、一つだけお伺いしたいのは、榎本氏が女人についての研究をされるにあったっての動機や何か、エピソードの様な内容があれば、知りたいと思うのです。
個人的な内容になりますので、お解りになる範囲でかまいませんので、どうぞ宜しくお願いいたします。

Re: お問い合わせ - 蕨由美Mail URL

2017/03/21 (Tue) 16:22:33

石井さま
「さわらび通信」とブログをご覧いただき、ありがとうございます。
榎本正三先生については、2004年12月に千葉県立中央博物館でのご講演のレジュメがありますので、たぶんその時聴講していたと思いますが、記憶が定かではありません。
私が房総石造文化財研究会に入会したすぐ後の2010年の「会報」9月1日号に、沖本博会長が「榎本正三先生を悼む」の追悼文をお書きになっていますので、私は親しくお会いしてご指導を仰ぐ機会もなく、ご長寿だった先生は天寿を全うされたのだと思います。
私も石井さまと同様に、先生の論文やご著書は夢中になって読み、その業績を追って学んでいる者ですので、残念ながら、ご研究のきっかけとなったエピソードは存じません。
先日は、先生が1999年にお書きになった「武西の百庚申」(房総石造文化財研究会『房総の石仏』12号の論文に導かれて『房総の石仏』26号に「印西市域と北総の百庚申」の報告を書きました。
先生のお人柄はご著書で偲ぶ以上できず、申し訳ありませんが、先生の業績を共有することができて、とてもうれしく思いました。

3/5「馬場小室山遺跡フォーラム」第78回ワークショップ - 蕨由美Mail URL

2017/02/25 (Sat) 11:36:59

「馬場小室山遺跡フォーラム」第78回ワークショップのお知らせ

日時:2017年3月5日(日)13:00~16:00 
場所:さいたま市コムナーレ9F 多目的展示コーナー
   JR浦和駅東口前パルコの9F(市民活動サポートセンター)
活動内容:
1.第4回「山田湾まるごとスクール」による5年目の総括
  6年目の3.11大地震と5年目を迎える活動の記録集を刊行
2.ポスター発表:聞き取り調査にもとづく明治三陸地震津波
  被災範囲の復原―岩手県山田町大浦を例に―
3.馬場小室山遺跡の縄文時代中期中葉を考えるために
  茨城県常陸大宮市滝ノ上遺跡における中期中葉の文化系統の複雑な交流動態
4.その他情報交換など

参加希望の方は3月1日(水)までに、この投稿者へのメールでご連絡ください。

2/26井野長割遺跡見学会と火おこし体験 - 蕨由美Mail URL

2017/02/22 (Wed) 09:54:29

国史跡井野長割遺跡見学会と火おこし体験
・日時 2月26日㈰ (雨天中止)

・見学会 午前9時30分〜・10時30分〜
・体験 午前9時30分〜11時30分
無料・申し込み不要
場所・ 井野小学校(ユーカリが丘駅から徒歩・イオンタウン近く)
問い合せ 佐倉市 文化課☎(484)6192

『房総の石仏』第26号が発刊 - 蕨由美Mail URL

2017/02/18 (Sat) 13:42:00

房総石造文化財研究会機関誌『房総の石仏』第26号が発刊されました。
私も「印西市域と北総の「百庚申」について―最近の調査と知見から―」を掲載させていただきました。

購読ご希望の方は、房総石造文化財研究会事務局まで、ご連絡ください。
なお、上記連絡先をお知りになりたい方は、この投稿者までE-mailをくださいませ。

フォーラム 房総の牧を考えるの開催 - 酒々井町教育委員会Mail

2016/12/24 (Sat) 15:45:43

房総最大の歴史資産である野馬牧の魅力を歴史研究者、文化財行政担当者の報告から再確認するとともに、現況と利活用の情報と日本遺産申請に向けての今後を展望するためフォーラムを開催します。

1 日 時  平成29年2月5日(日)
       午後1時~5時 受付午後0時30分
2 会 場  プリミエール酒々井 文化ホール
       千葉県印旛郡酒々井町中央台3-4-1
       043(496)8681
3 主催等  酒々井町、酒々井・千葉氏まつり実行委員会
       コーディネーター
       久留島浩 国立歴史民俗博物館館長
4 内 容  
 第1部 基調報告 房総の牧の魅力とは?
  野馬土手の魅力  青木更吉氏  
  近世の牧と村   佐々木克哉氏 
  牧の開発     天下井恵氏
  史跡下総小金中野牧跡の保存と活用 鎌ケ谷市教育委員会
  馬牧と地域遺産の利活用       富里市教育委員会
 第2部 事例報告&討論 房総の牧を日本遺産に
  事例報告
   「北総四都市江戸紀行」の日本遺産登録について
                 千葉県教育庁文化財課
   「野馬まつり」復活の試み 酒々井町教育委員会
下野牧について        船橋市郷土資料館
峯岡牧について 鴨川市教育委員会
佐倉市内の牧資料について  佐倉市教育委員会
千葉市内の牧資料について   千葉市教育委員会
討 論 日本遺産登録の可能性について
総 括  久留島浩 氏

1/15「馬場小室山遺跡フォーラム」第77回ワークショップのお知らせ - 蕨由美Mail URL

2016/12/22 (Thu) 15:40:07

皆様へ
下記の通り、来年1月15日にワークショップを開催しますのでご参加ください

日時:2017年1月15日(日)  10:30~16:30
 
場所:三室公民館 1F研修室(12時から会議室1に変更)
 さいたま市緑区三室1946-5
 JR東浦和駅10:05発 馬場折返場行きバスで「松ノ木」下車

内容:
1.馬場小室山遺跡の縄文時代中期中葉を考える
2.中部から北関東西部における弥生前期の再葬壺棺墓
3.今後のイベント準備について
 ・3/5 第78回ワークショップ=コムナーレ・フェスティバル参加
 ・4/2  お花見ワークショップ=遺跡の巡検と学習会
 ・5/4 「馬場小室山遺跡de縄文インスタレーション」
4. その他情報交換など自由な意見交換とワイン・アーケオロジー
 ・「山田湾まるごとスクール」の「お米サンタ」報告
 ・『さいたま・水とみどりのアカデミーⅣ 平成27年度講義要約』から 
 ・宇都宮市刈沼遺跡で古鬼怒湾系「製塩土器」の確認
など

『史談八千代』41号が発刊されました - 蕨由美Mail URL

2016/12/06 (Tue) 22:38:57

八千代市郷土歴史研究会機関誌『史談八千代』41号が先日、発刊されました。
今号は「旧麦丸村の総合研究」の特集で、1冊700円(送料実費)です。
ご希望の方は、E-mailにてお知らせください。

史談八千代 第41号  目次

○ 特集 旧麦丸村の総合研究
1 「旧麦丸村の総合研究」にあたって      会長 牧野光男
2 麦丸村の領主と百姓
2-1 麦丸村の領主            青田博之・平塚 胖
2-2 年貢割付状にみる麦丸村の年貢      斎藤 惇
2-3 宗門人別帳にみる家族構成        青田博之
2-4 麦丸村の屋敷配置と屋号         菅野貞男
2-5 「嘉永六年臨時覚帳」にみる浪士無心   青田博之
3 麦丸の神社・寺院信仰
3-1 はじめに                田中 巌
3-2 日枝神社及び境内の石造物        菅原賢男
3-3 東福院と麦丸周辺の情景         田中 巌
3-4 麦丸の小さな三峯神社と古峯神社     山口 忠
4 麦丸の石造物
4-1 麦丸地区のムラの講の石造物       蕨 由美
4-2 供養された江戸時代の麦丸の人々   
-大日前の詣り墓とその裏山の供養塔調査から-  蕨 由美
5 麦丸の民俗行事
5-1 旧麦丸新田・熊野神社のオビシャ     畠山 隆
5-2 日枝神社のオビシャ           菅原賢男
5-3 春の女人講行事「麦丸の子安ビシャ」   蕨 由美
5-4 獅子頭上げ神事             菅原賢男
○ 旧吉橋村の総合研究 そのⅢ
 江戸時代における貞福寺の寺格を考える   
史料紹介-佐倉市井野 千手院所蔵文書から-     村田一男
○ 特集
1 八千代市の「中世城郭と館」            山口 忠
2 「八千代歴史遺産めぐり散歩コース」の開発中間報告 田中 巌
3 「八千代八福神めぐりの活性化」の再開発中間報告   斎藤 惇
4 八千代市内の古代製鉄関連遺跡           田中 巌
○ 研究ノート
 参拝供養塔にみる富士講と大山講について       山口 忠


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.