「さわらび通信」HPへ

さわらび通信メッセージボード

40916
歴史・考古・民俗学関係の情報・イベントのお知らせはこちらへどうぞ。 お便り・ご意見の掲示板はここをクリック 
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

9/1~3 第5回山田湾まるごとスクール行程表 - 蕨由美Mail URL

2017/08/25 (Fri) 11:59:55

≪≪第5回山田湾まるごとスクール行程表(予定)≫
9月1日(金) 
12:00 新花巻駅集合
13:05 遠野駅着 (釜石~山田は車窓より復興状況の確認)
15:00 山田史談会の皆様と川端コレクションの整理作業(川端コレクションにある遮光器土偶脚部に関連して、縄文文化の特徴としての土偶の学習)
18:00 山田史談会と山田湾まるごとスクールの懇親会

9月2日(土) 
9:15 山田町内の復興の状況を視察、大杉神社や房の沢古墳群などの史のを見学
10:00 山田町北浜老人クラブとの交流会(北浜地区の歴史・房の沢古墳群等の話や、老人クラブの方が作られた縄文土器レプリカを使った考古学教室の開催などを予定)
12:00 北浜老人クラブ手作りの昼食
14:00 山田町大浦地区にて川半貝塚周辺散策
15:00 山田町大浦地区仮設住宅の皆様との交流会(第4回まるごとスクールで実施した、明治29年の津波被災による居住地移転の調査について成果報告。さらに東日本大震災での居住地移転についての聞き取り調査)
17:00 山田町小谷鳥地区を訪ね、津波の脅威を学ぶ
19:00 夕食をとりながら山田湾まるごとスクール親睦会
  
9月3日(日)
9:00 リニューアルオープンした鯨と海の科学館を見学(企画展「クジラ-縄文から現代-」が開催中)
11:30 「かき小屋」で昼食。
12:30 道の駅「やまだ」でお土産タイム。   
14:00 釜石着
16:00 新花巻駅にて解散

【宿泊先】ホテルビジネスインやまだ(朝食付き)
【参加費】3万円(遠野から山田町までのレンタカー代・宿泊代・保険代・資料代)

9/10「馬場小室山遺跡フォーラム」第82回ワークショップのお知らせ - 蕨由美Mail URL

2017/08/24 (Thu) 09:50:27

日時:2017年9月10日(日)13:30(集合)~16:30 

集合場所:JR浦和駅改札口(集合後、柳沢画廊に向かいます)

活動内容:
1.柳沢画廊にて「井山紘文天然顔料・水彩展」を鑑賞(山田湾の土壌で制作した作品に注目)⇒浦和駅東口前コムナーレ9Fに移動

2.  コムナーレ9Fにて
 (1)第5回「山田湾まるごとスクール」(9/1~3)の振り返り(スクール参加者は当日配布資料を持参ください。)
 (2)縄文時代晩期の「人骨集積」と「髑髏信仰」(福島県三貫地貝塚の「番外A」と「番外B」から探る「髑髏信仰」)
 (3)栃木県宇都宮市刈沼遺跡の「製塩土器」(古鬼怒湾、中妻貝塚と極めて類似している)

3. その他自由な意見・情報交換など(含ワイン・アーケオロジー)

4. その後の秋のイベント予定
 (1)10月29日(日) 「みぬま秋フェス」で弥生時代喜劇
 (2)11月9日(日)夜 飯塚邦明ジャズピアノコンサート     

☆参加希望の方は資料などの準備もありますので、9/6(水)までに、投稿者E-MAILにて、蕨までご連絡ください。

村田一男先生喜寿記念論集『地域史の再検討』発刊のお知らせ - 蕨由美Mail URL

2017/08/04 (Fri) 16:02:34

八千代市郷土歴史研究会の初代会長で、私が地域の歴史に興味を持つきっかけになり、またずっとご指導いただいている村田一男先生の喜寿を祝い、記念論集『地域史の再検討』がこの度刊行されました。
村田先生は八千代市郷土歴史研究会会長のほか、八千代市立郷土博物館館長や八千代市史編さん委員長をされていたので、喜寿記念論集に執筆された先生方はそうそうたる顔ぶれで、その中に八千代市郷土歴史研究会会員としてお世話になったご縁で寄稿した私の拙い論文「山頂の宝篋印塔と千葉・信濃に残る武石氏の足跡」が載っているのは、とてもお恥ずかしい限りです。
さわらび通信読者の方でお読みになりたい方がおられましたら、謹呈いたしますので、メールでご連絡くださいませ。(ご住所をうかがってない方は、お送り先もお知らせください。)

8/6「馬場小室山遺跡フォーラム」第81回ワークショップのお知らせ - 蕨由美Mail URL

2017/07/22 (Sat) 15:33:51

「馬場小室山遺跡に学ぶ市民フォーラム」第81回回ワークショップのご案内
1.日時:2017年8月6日(日) 10:00(集合時間)~16:30 

2.集合場所:JR高崎線宮原駅改札口 10時集合
  宮原駅からタクシーに乗り合わせてギャラリー『風画』に向かいます。
 〒331-0045 さいたま市西区内野本郷971-6  Phone:048-625-0521

3.活動内容 : 
 1.「井出政男個展―遥かな縄文土器―」の鑑賞(画像参照)
  凝灰岩が風化した白色粘土と近隣の沢の黒褐色粘質土の出会い

 2. 第5回「山田湾まるごとスクール」実施(9/1~3)の件
   交流計画を含む最終実施案について

 3.縄文時代晩期の再葬土坑墓と「人骨集積」:「ムロさま」の追求
  「人骨集積」から「土器棺集積」への曙光

 4.その他自由な意見交換・情報交換など(含ワイン・アーケオロジー)
 (1)9/10(日)井山紘文個展の鑑賞(於:柳澤画廊)
 (2)11/19(日)飯塚邦明ジャズピアノ・コンサートの鑑賞 
 (3)埼玉大学有機農業研究会支援:見沼田んぼの遺跡シリーズ・弥生時代
 (4)その他情報交換など

ご参加の方は8/2までに、この投稿の返信、または投稿者へのメールにてご連絡ください。

白井市文化財講演会 - T

2017/05/14 (Sun) 15:28:18

白井市文化財講演会のお知らせです。

日時 平成29年5月27日(土) 13:30~15:20
会場 白井市文化会館中ホール(白井市文化センター2階)
    住所 白井市復148-8
演題 江戸時代の房総にみる炭生産と流通
    -佐倉炭と久留里炭-
講師 後藤雅知先生(立教大学文学部史学科教授)
定員 90名 入場無料
申込 事前申込不要 当日13時~受付(先着順)
交通 北総鉄道白井駅下車徒歩10分 
    国道16号「白井」交差点から車で2分
備考 無料駐車場あり
問合せ 白井市教育委員会文化課 
      047(492)1123

5/4「馬場小室山遺跡フォーラム」第80回ワークショップのお知らせ - 蕨由美Mail URL

2017/04/26 (Wed) 19:12:08

5/4「馬場小室山遺跡フォーラム」第80回ワークショップのお知らせ

日時:5月4日(みどりの日)10:00~16:30 

☆午前=馬場小室山遺跡のクリーンアップ大作戦と青空考古学教室
・集合:「三室中学校前」バス停 10:00
(JR武蔵野線「東浦和駅」から国際興業バス「馬場折り返し場行」バス)
・場所:「埼玉県指定史跡 馬場小室山遺跡跡」にて
・チラシ写真参照のこと

☆午後=ワークショップ 13:00~ 三室公民館にて
・来年に向けての青空考古学教室とインスタレーション
将来を担う子供たちへの良き思い出となる場を目指した県史跡・馬場小室山遺跡の活用を検討します。
・『見沼たんぼ見どころガイド2017』=埼玉大学有機農業研究会(顧問・本城昇名誉教授)が縄文時代と馬場小室山遺跡を紹介しました。皆さんに配布します。
・「山田湾まるごとスクール」事業計画=第4回「山田湾まるごとスクール」を記録集から振り返り、2017年度交流計画について検討します。
・『アルカ通信』連載記事について=この1年間(6回分)の記事を振り返ります。
・「小深作遺跡の近況について」その他情報交換など自由な意見交換とワイン・アーケオロジー

☆参加希望の方は4月29日(土)までに、この投稿者へのメールでご連絡ください。

4/2「馬場小室山遺跡フォーラム」第79回ワークショップ - 蕨由美Mail URL

2017/03/21 (Tue) 16:53:35

「馬場小室山遺跡フォーラム」第79回ワークショップのお知らせ

【日時】2017年4月2日(日)10:00(集合)~16:30

【集合場所】JR大宮駅改札を出てすぐの中央待合場所「豆の木」
 大宮公園周辺の飲食店はランチ客や花見客で混雑が予想されますので、お弁当持参でお花見予定。

活動内容:
1.芝川中流域の縄文遺跡散策
・環提土塚が確認できる氷川神社遺跡と谷の関係
・木道が確認された寿能泥炭層遺跡と「縄文出崎」の地形

2.埼玉県立歴史と民俗の博物館で開催中の企画展『縄文の空間―暮らしと願い―』 見学

3.馬場小室山遺跡の縄文時代中期を考えるために(2)
茨城県常陸大宮市滝ノ上遺跡における中期中葉の文化系統の複雑な交流動態の2回目

4.亀ヶ岡型変相イデオロギーと「ムロさま」(人面文インダストリー論」が語る人面文土器の特徴と来歴)

5.情報交換など

参加希望の方は3月29日までに、この投稿者へのメールでご連絡ください。

お問い合わせ - 石井 由美子Mail

2017/03/20 (Mon) 14:06:25

初めまして。私、由美さんの通信を毎回楽しみにしている石仏大好き人間です。19夜塔、庚申塔のやさしい表情に癒され由美さんの写真に登場する石仏達には、愛おしさを感じております。
 私事で恐縮ですが、数年前に図書館の郷土史コーナーで「榎本正三」氏の文献に出会い夢中で読み終えました。
19夜塔の石仏の思いが榎本氏の文献に登場する女性たちの思いと重なった感じを受けました。
又、男性の立場でありながら哀しい女性の心情を理解し、文字に表現出来るすばらしい民俗学者さんだとも、感じました。
お礼の手紙等を考えておりましたら、「故榎本氏」という表現を目にして驚きました。お亡くなりになったのですね。
●大変、不躾で失礼な事と、存じます。失礼をお許しくださいね。
由美さんは榎本氏を存じ上げられておりますでしょうか。
私が、一つだけお伺いしたいのは、榎本氏が女人についての研究をされるにあったっての動機や何か、エピソードの様な内容があれば、知りたいと思うのです。
個人的な内容になりますので、お解りになる範囲でかまいませんので、どうぞ宜しくお願いいたします。

Re: お問い合わせ - 蕨由美Mail URL

2017/03/21 (Tue) 16:22:33

石井さま
「さわらび通信」とブログをご覧いただき、ありがとうございます。
榎本正三先生については、2004年12月に千葉県立中央博物館でのご講演のレジュメがありますので、たぶんその時聴講していたと思いますが、記憶が定かではありません。
私が房総石造文化財研究会に入会したすぐ後の2010年の「会報」9月1日号に、沖本博会長が「榎本正三先生を悼む」の追悼文をお書きになっていますので、私は親しくお会いしてご指導を仰ぐ機会もなく、ご長寿だった先生は天寿を全うされたのだと思います。
私も石井さまと同様に、先生の論文やご著書は夢中になって読み、その業績を追って学んでいる者ですので、残念ながら、ご研究のきっかけとなったエピソードは存じません。
先日は、先生が1999年にお書きになった「武西の百庚申」(房総石造文化財研究会『房総の石仏』12号の論文に導かれて『房総の石仏』26号に「印西市域と北総の百庚申」の報告を書きました。
先生のお人柄はご著書で偲ぶ以上できず、申し訳ありませんが、先生の業績を共有することができて、とてもうれしく思いました。

3/5「馬場小室山遺跡フォーラム」第78回ワークショップ - 蕨由美Mail URL

2017/02/25 (Sat) 11:36:59

「馬場小室山遺跡フォーラム」第78回ワークショップのお知らせ

日時:2017年3月5日(日)13:00~16:00 
場所:さいたま市コムナーレ9F 多目的展示コーナー
   JR浦和駅東口前パルコの9F(市民活動サポートセンター)
活動内容:
1.第4回「山田湾まるごとスクール」による5年目の総括
  6年目の3.11大地震と5年目を迎える活動の記録集を刊行
2.ポスター発表:聞き取り調査にもとづく明治三陸地震津波
  被災範囲の復原―岩手県山田町大浦を例に―
3.馬場小室山遺跡の縄文時代中期中葉を考えるために
  茨城県常陸大宮市滝ノ上遺跡における中期中葉の文化系統の複雑な交流動態
4.その他情報交換など

参加希望の方は3月1日(水)までに、この投稿者へのメールでご連絡ください。

2/26井野長割遺跡見学会と火おこし体験 - 蕨由美Mail URL

2017/02/22 (Wed) 09:54:29

国史跡井野長割遺跡見学会と火おこし体験
・日時 2月26日㈰ (雨天中止)

・見学会 午前9時30分〜・10時30分〜
・体験 午前9時30分〜11時30分
無料・申し込み不要
場所・ 井野小学校(ユーカリが丘駅から徒歩・イオンタウン近く)
問い合せ 佐倉市 文化課☎(484)6192


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.