「さわらび通信」HPへ

さわらび通信メッセージボード

56965
歴史・考古・民俗学関係の情報・イベントのお知らせはこちらへどうぞ。 お便り・ご意見の掲示板はここをクリック 
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

2/15井野長割遺跡 見学会&体験会 - 蕨由美Mail URL

2020/02/13 (Thu) 11:26:07

「井野長割遺跡 見学会&体験会」のお知らせ
日程  令和2年2月15日(土) 
内容 遺跡内での見学会、火起こし体験、土笛体験、復元土器を用いた調理実験等
時間 第1回 午前9時30分から
   第2回 午前10時30分から
(1回約45分程度。第1回と第2回の内容は同じです。)
集合場所 井野小学校校門
※すべて申し込み不要、無料です。
※雨天時は中止いたします。
主催 佐倉市教育委員会 文化課

2/18「石仏にみる船橋と北総の月待信仰」 - 蕨由美Mail URL

2020/02/10 (Mon) 23:09:59

講演会のお知らせ

正伯塾主催の「ふなばし学講座」で、蕨由美が
「石仏にみる船橋と北総の月待信仰」について講演します。

日時:2020年2月18日(火) 13:30~
場所:薬円台自治会館
 (船橋市薬円台5丁目12−26)

主催団体の「正伯塾」の活動と受講の申し込みは、下記のURLのサイトを参照してください。https://genki365.net/gnkf03/mypage/mypage_sheet.php?id=63204

1/19「馬場小室山遺跡の学び舎」第101回フォーラム - 蕨由美Mail URL

2020/01/07 (Tue) 10:05:02

皆様へ
「馬場小室山遺跡の学び舎」第101回フォーラム開催のお知らせ
(「馬場小室山遺跡フォーラム」ワークショップは昨年末の第100回を終え、パブリック・アーケオロジーの視点を重視し、第101回から「馬場小室山遺跡の学び舎」フォーラムに、名称を一新しました。)

1.日時 : 2020年1月19日(日) 11:00(集合時間)~16:30 
2.集合場所 : 埼玉県立歴史と民俗の博物館エントランス 11:00集合
・東武アーバンパークライン(野田線)「大宮公園駅」下車 徒歩5分

3.活動内容 : 13:30からは前回同様、東浦和公民館で行います!
(1)県立博企画展「縄文時代のたべもの事情」の観覧
・動物と関わりのある珍しい土器も展示されますのでお楽しみに!
(2)埼玉県における弥生時代後期から古墳時代初頭の方形周溝墓
・宅間清公さんが埼玉県の研究動向について解説します。
(3)千葉県における古墳時代のはじまり
・菊池健一さんがご自身の考えを披露されます。
(4)古墳時代のはじまりをどう考えるか?
・時代区分の原理がこれまでの文化史から政治史へと難解になります。下山繁昭さんが古墳時代のはじまりと王権の関係について議論します。
(5) 情報交換等自由な意見交換とワイン・アーケオロジー

☆ご参加の方は、この記事の投稿者へメールで1月15日までにお知らせください。

なお、第100回ワークショップのルポをHP「さわらび通信」(下記URL)にアップしました。
http://sawarabiy.web.fc2.com/191228/112.html

12/28「馬場小室山遺跡フォーラム」第100回ワークショップ - 蕨由美Mail URL

2019/12/16 (Mon) 22:19:01

「馬場小室山遺跡フォーラム」第100回ワークショップのお知らせ
1.日時:2019年12月28日(土)10:00(集合時間)~16:30 
2.集合場所:武蔵野線「東浦和駅」ロータリー 10:00集合
(集合後、徒歩10分の東浦和公民館に移動)
3.活動内容: 
(1)「葛飾台地」を中心とする縄文時代中期中葉の土器群
 「葛飾台地」を中心とする中期中葉 の土器群について齋藤弘道さんによる解説
(2)山田湾における縄文時代中期「大木8-9(中間)式」の集落
 浜川目沢田Ⅰ遺跡の集落を分析について 齋藤瑞穂さんの発表要旨の紹介
(3)霞ケ浦の縄文時代後晩期海況(小野川流域周辺産出貝類)
 鴨志田隼司さんの霞ケ浦後晩期汽水説を産出貝類の立地環境から考える
(4)「山田湾まるごとスクール」の推進
 3/8浦和駅前さいたま市民活動サポートセンターで展示・発表会等を予定
(5)情報交換等自由な意見交換とワイン・アーケオロジー

☆参加される方は、12/25(水)までに、この記事の投稿者へメールでご連絡ください。

『史談八千代』44号が発刊されました。 - 蕨由美Mail URL

2019/12/02 (Mon) 14:41:36

八千代市郷土歴史研究会の研究誌『史談八千代』44号が発刊されました。
(画像に目次をアップしました)
購入されたい方は、上の「E-MAIL]をクリックし、蕨由美までメールにてご連絡ください。
一冊500円+送料100円です。
なお、発送につきましては、八千代市郷土歴史研究会事務局に依頼しますので、お時間がかかるかと思いますが、ご容赦ください。

私の掲載論文は下記の通りです。
「濱名徳順師による星埜山東栄寺の仏像調査報告について」
「下高野福蔵院墓地の全墓塔調査について」
「下高野の富士講資料について」

八千代市教育功労者表彰受賞の御礼 - 蕨由美Mail URL

2019/11/18 (Mon) 22:46:01

11月1日、八千代市市民会館での教育委員会表彰式に出席し、八千代市教育功労者表彰をいただいてまいりました。
八千代市教育委員会から突然に通知をいただいたときは、、身に余る表彰に、ただただとまどうばかりでしたが、私個人への表彰というより、私が永年かかわってきた八千代市郷土歴史研究会の活動と会員に贈られた表彰と受け止めて、ありがたく頂戴してきました。
八千代市郷土歴史研究会の皆さま、ほか歴史研究でお世話になりました皆様に、篤く御礼申し上げます。
https://www.yachiyo.ed.jp/yachiyo/wp-content/uploads/2019/11/191112kourou-1.pdf

ご紹介です - 栃木県 瀧澤龍雄

2019/11/18 (Mon) 15:20:07

人生2度目の投稿かなと思いますが、ご無沙汰致しております。突然ですが、さらわび様が歴史を訪ねる旅が好きなことをふっと思い出しましてご案内内容がありまして投稿しました。PC検索で「牧野成里三十三回忌碑」をご覧ください。正保4年銘の石塔調査を終えた記事を掲載してあります。所在地は佐野市上羽田町の龍江院様です。国宝のエラスムス像出身の地ですので、或いは既に訪問済かもしれませんが、非常に面白い石塔です。住職様が素晴らしい方ですので、私の調査報告書のコピーをねだれば頂けるかと思います。
以上、文章が足りませんが参考になりましたら幸いです。突然のご連絡で大変失礼いたしました。なお、この件に関しましての返信等は一切ご無用です。

「牧野成里三十三回忌碑」ご紹介に感謝 - 蕨由美Mail URL

2019/11/18 (Mon) 22:23:54

瀧澤さま
「牧野成里三十三回忌碑」ご紹介の投稿、ありがとうございました。
さっそく検索し、BLOGで、その内容を知ることができ、貴重な古碑であることがわかりました。
最近は、遠出することが叶わなくなりましたが、機会がありましたら、拝見したい石碑です。
石造物研究者でも、文字の多い石碑を調べる方はなかなかおられません。
これからもご活躍され、ご指導くださることを、願っております。
https://blog.goo.ne.jp/takizawa-hibi/e/f86fbf240839b07c133b042cf1f371c2

11/23・12/1お浜降りセミナー2019 - 蕨由美Mail URL

2019/11/10 (Sun) 13:10:03

お浜降りセミナー2019「房総の『お浜降り』を考える」

☆令和元年11月23日(土・祝)13:40~16:45(開場13:15)

会場:東葛テクノプラザ第2研修室
*「東日本のお浜降り行事」菊池健策(東京文化財研究所)
*「神輿が海に帰る祭り-房総のお浜降り点描-」高橋克(江戸川大学)
*記録映像上映「房総のお浜降り習俗(普及編)」(文化庁作成)

☆12月1日(日)12:55~17:00(開場12:30)

会場:君津市立中央図書館 視聴覚室

*「神輿の起源と祭礼」笹生衛(國學院大學)
*「お浜降り習俗と「潮」の民俗」田村勇(日本民俗学会)
*「福島県浜通りの浜下りと漂着神伝承」佐々木長生(元福島県立博物館)
*記録映像上映「南相馬市男山八幡神社のお浜下り」(南相馬市博物館作成)

http://www2.chiba-muse.or.jp/www/NATURAL/contents/1571720394777/index.html

Re: 11/23・12/1お浜降りセミナー2019 - 小林裕美(中央博物館)

2019/11/12 (Tue) 09:19:16

掲載ありがとうございます。
海に囲まれた千葉県の民俗を考えるうえで欠かすことのできないテーマです。
ぜひ皆さま、ご参加ください!

12/14縄文セミナー2019 「自然と人間のかかわりを学ぶ」 - 蕨由美Mail URL

2019/11/10 (Sun) 13:13:11

縄文セミナー2019「自然と人間のかかわりを学ぶ」

文遺跡から出土する貝殻や動物の骨、植物の種実などから縄文時代の人々の自然の利用について考察します。

日時 令和元年12月14日(土) 10:30〜15:05
会場 千葉県立中央博物館 講堂
内容
*「序論:旧石器時代から縄文時代にかけての古環境-関東地方を中心として-」西内李佳(千葉県立中央博物館)

*「加曽利貝塚出土資料からみた縄文時代の自然利用」佐藤 洋(千葉市立加曽利貝塚博物館)

*「微小貝類からみた加曽利貝塚の特徴」黒住耐二(千葉県立中央博物館)

*縄文時代の鯨類利用について-現代の鯨類研究の視点から-」田邉由美子・宮川尚子(千葉県立中央博物館)

http://www2.chiba-muse.or.jp/www/NATURAL/contents/1571717944795/index.html

12/1「馬場小室山遺跡フォーラム」第99回ワークショップ - 蕨由美Mail URL

2019/11/04 (Mon) 10:08:04

馬場小室山遺跡フォーラム」第99回ワークショップのおしらせ
1.日時:2019年12月1日(日)10:00集合~16:30
2.集合:武蔵野線「東浦和駅」ロータリー 集合後、東浦和公民館に移動。
3.活動内容:
(1)先史時代の砂堆遺跡と人類活動(波崎低地の遺跡を考える)
(2)「花積下層式」の集落:「自然集落」か「計画集落」か? (柏市石揚遺跡についての紹介)
(3)「山田湾まるごとスクール」の推進
 (山田湾を学ぶための研究として製鉄関係について北関東の研究の紹介)
(4)その他:情報交換など
4. 終了後は「飯塚邦明ジャズピアノコンサート」(18:30~さいたま市立文化センター)へ。

☆私(蕨)は、八千代市郷土歴史研究会の「ふるさとの歴史展」での展示発表と重なり、参加できませんが、ワークショップに出席される方は、11/27までに、投稿者までにメールにてご連絡ください。
 なお、「ふるさとの歴史展」は12月1日のほか、前日の11月30日(土)13時~17時まで、八千代市民ギャラリーで開催しています。(14時から私の歴史講演もあり)こちらもお出でいただければ幸いです。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.