「さわらび通信」HPへ

さわらび通信メッセージボード

37802
歴史・考古・民俗学関係の情報・イベントのお知らせはこちらへどうぞ。 お便り・ご意見の掲示板はここをクリック 
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

8/27 石仏ゼミナールのご案内 - 蕨由美Mail URL

2016/07/18 (Mon) 23:17:55

房総石造文化財研究会 第1回石仏ゼミナールのご案内

・日時 平成28 年8 月27 日(土)12:50 ~ 16:00 (受付開始12:15)
・会場 千葉県立中央博物館講堂 (千葉市中央区青葉町955-2)
・テーマ「石塔・石仏から何が見えるか― 時空を越えて語るもの― 」
・内容  開会の挨拶
《1》古代からのメッセージ(玉井ゆかり)
《2》中世の石造物を紐解く(早川正司)
《3》近世庶民信仰への展開(木原律子)
質疑応答・閉会の挨拶

【お申込みは不要です】当日受付先着200 名
【資料代】300 円(会員は無料)

詳しくは下記PDFで
http://sawarabi.a.la9.jp/160827sekibutu.pdf

8/6 井野長割遺跡見学と 石おのできこり体験 - 蕨由美Mail URL

2016/07/15 (Fri) 10:19:40

佐倉市の「国史跡 井野長割遺跡」見学と 石おのできこり体験!
http://www.city.sakura.lg.jp/0000015277.html

「何分で切り倒せるかな?」
 •夏休みの思い出に、石おので木を切ってみよう!
 •縄文時代の集落跡の井野長割遺跡の見学会もあります。
開催日時:平成28年8月6日(土)※雨天時翌日延期
 •見学 9時30分~10時20分
 ・体験 10時30分~11時30分
対象
 ・小学校高学年以上(小学生は保護者同伴)
 ・集合場所:佐倉市井野小学校
 ・参加無料  
  •要電話申し込み 佐倉市文化課:043-484-6192

私は自転車で行きますが、遠い方でお車の方は、オープンしたばかりのイオンタウンのPを利用してついでにお買いものされるとよいかと思います。 

8/7「馬場小室山遺跡フォーラム」ワークショップのお知らせ - 馬場小室山遺跡に学ぶ市民フォーラムMail URL

2016/07/12 (Tue) 14:42:49

皆様へ
「馬場小室山遺跡フォーラム」第74回ワークショップのお知らせ

1.日時 : 2016年8月7日(日)10:15~16:30 

2.集合場所:JR高崎線「宮原駅」改札前 10:15集合
   集合後、タクシーに乗り合い、ギャラリー「風画」へ
   〒331-0045 さいたま市西区内野本郷971-6 ℡:048-625-0521
☆午後は、コムナーレ(浦和駅前パルコ9F・市民活動サポートセンター)へ移動

3.活動内容
1.井出政男個展「・・遥かな縄文土器」鑑賞
・縄文土器づくりの一環として埼玉県産出の粘土の質を追求している縄文土器作家井出政男さんの最新成果を拝聴します。

2. 馬場小室山遺跡「第51号土壙」から展望する縄文時代晩期の墓制と土器社会論-「集合壺棺墓」への途を探る-
・列島における墓制の変質点としての「第51号土壙」の成立と、それ以後の壺棺の成立と、容器形土偶の定着や大型壺の風習から、「集合壺棺墓」の示す平和な定住制社会を考えます。

3. 第4回「山田湾まるごとスクール」(9/3-5)の準備
・被災地支援コーナー・交流サロンで知り合った「宮北会」の縁で、北浜老人クラブの活動を知ることになりました。
・復興に向けたパブリック・アーケオロジーのあり方を含め、私たちならではの被災地支援交流準備を行います。

4. その他情報交換など
・縄文時代にヨシ(アシ)やアマモを普通に焼く現象の意見交換
・ワークショップ終了後にワイン・アーケオロジーを予定。

☆参加希望の方は資料などの準備もありますので、8月2日(火)までにこのE-メールアドレス宛、連絡ください。

9/3~5 第4回山田湾まるごとスクールのご案内 - 蕨由美Mail URL

2016/06/28 (Tue) 10:01:30


皆様へ

まだ梅雨の最中ですが、毎夏恒例の「復興祈念 ワンダートラベラー 山田湾まるごとスクール」の第4回の実施案が決まりましたので、ご案内申し上げます。

【岩手県山田町は三陸海岸のど真ん中にある海と山に囲まれた風光明美な町です。
 山田湾の穏やかな内海が豊かな海洋資源を育み、島だった船越半島には今も太古の地層が眠り、 500か所以上の遺跡には山田湾とともに生きた先人の営みがあります。
 三陸沿岸に宿泊して、地元の方と交流しながら3日間思いっきり、陸中山田湾を堪能します!】

☆ツアープラン(予定:先方との調整により変更になる可能性もあります)
9月3日(土)午前:新花巻駅集合(=釜石線=)釜石駅⇒車で山田町へ。
  午後:山田町内の震災遺構・史跡等を見学
9月4日(日)午前:山田町北浜老人クラブとの交流
  午後:大浦地区仮設住宅を訪問
9月5日(月)午前:山田町内の震災遺構・史跡等を見学
  午後:山田町⇒車で釜石駅(=釜石線=)新花巻駅で解散

☆参加費:30,000円

☆申込方法:参加希望の旨を下記のメールアドレスへご連絡下さい。
 申込先:山田湾まるごとスクール事務局 sanriku.yamadawan@gmail.com
 その際、住所、氏名、年齢、電話番号のご記入下さい。

☆申込締切:7月24日(日)ただし先着16名で閉め切ります。

詳しくは、添付のチラシをご覧ください。

昨年夏の「第3回山田湾まるごとスクール」のルポは、下記のHPをご参照ください。
http://sawarabiy.web.fc2.com/150821/76.html

7/3 世界考古学会議東京シンポジウム - 蕨由美Mail URL

2016/06/24 (Fri) 00:02:10

7/3 世界考古学会議の東京シンポジウム開催のご案内をいただきましたので、ご紹介します。

『日本考古学から世界考古学へ』
-WAC-8 世界考古学会議第8回京都大会の開催に向けて -
東京シンポジウム開催
“ 世界を見据え、世界で活躍する考古学者が展望を語る ”

 主催:特定非営利活動法人 WAC Japan   協力:東京大学考古学研究室
日時: 2016 年 7 月 3 日 (日) 10:30 ~ 17:30
会場:東京大学本郷キャンパス 法文学部二号館一大教室 
内容(予定)
タイムスケジュール
10:00  受付開始
10:30  開会挨拶 佐藤宏之(東京大学教授)
10:35 ~ 11:00 溝口孝司(九州大学・世界考古学会議会長)「世界考古学会議の開催について」
11:00 ~ 12:00 講演 ① 春成秀爾(国立歴史民俗博物館名誉教授)「日本と世界の旧石器時代の女性象徴」
12:00 ~ 13:00 昼食
13:00 ~ 14:00 講演 ② 松木武彦(国立歴史民俗博物館教授)「日本と世界の先史時代における戦い」
14:00 ~ 15:00 講演 ③ 福永伸哉(大阪大学教授)「古墳時代の大王陵と世界の王墓」
15:00 ~ 15:10 休憩
15:10 ~ 16:10 講演 ④ 近藤二郎(早稲田大学教授)「古代エジプト新王国時代の岩窟墓の調査」
16:10 ~ 16:20 休憩
16:20 ~ 17:30 ディスカッション ( 世界考古学会議開催に向けた展望 )
17:30 閉会挨拶 大貫静夫(東京大学教授)
・参加費(資料代を含む) 1000 円
・参加定員 210 名(必ず事前に申し込みしてください)
★ ご注意:参加の申し込みは、ホームページ上にてお願いします。申し込みがない場合、入場できません。
★ (http://wac8.org/tokyo_symposium )。
  ※ 申し込みの注意事項(ホームページに記載):申し込みは先着順とさせていただきます。ホームページ上で、氏名・電話番号を入力してください。参加申し込みの返信メールをいたします。必ず事前にホームページ上で申し込みをお願いします。シンポジウム当日は受付にて、参加申し込みの返信メール(スマートフォンや携帯電話の画面、または印字されたもの)を確認させていただきます。
 
WAC-8 世界考古学会議第8回京都大会ホームページ 
http://wac8.org/japanese/home-j/

Re: 7/3 世界考古学会議東京シンポジウム - 蕨由美Mail URL

2016/06/24 (Fri) 21:35:54

追伸でいただきました。
インターネットからの申込ができない方は、以下の情報をいただければ登録いたしますとのこと。
①氏名、②氏名フリガナ、③メールアドレス、④電話番号、⑤住所。メールができる方は、当日に返信されたメールを印字してお持ちいただき、できない方は、受付で事務局に連絡して登録した旨、申し出てください。よろしくお願いします。宛先メールは以下の通り。
wac8tokyoshinpo@gmail.com

5/4「馬場小室山遺跡フォーラム」第73回ワークショップのお知らせ - 馬場小室山遺跡研究会Mail URL

2016/04/13 (Wed) 11:50:02

日時:5月4日(みどりの日)10:00~16:30 

☆午前=馬場小室山遺跡のクリーンアップ大作戦と青空考古学教室
「三室中学校前」バス停 10:00集合 「埼玉県指定史跡 馬場小室山遺跡跡」にて

☆午後=ワークショップ 13:00~ 三室公民館にて
・馬場小室山遺跡に学ぶ市民フォーラムのふりかえりと今後の展望
・「山田湾まるごとスクール」のふりかえりと今後の新展開
・馬場小室山遺跡「第51号土壙」から展望する「壷棺再葬墓」の風習と交流:「縄文塚」以後の時代を展望するシリーズ企画
(第1回は宅間清公氏による、「壷棺再葬墓」に見るヒスイ勾玉と管玉の流通についてのレクチャーを予定)
・その他情報交換など:小深作遺跡の近況について鴨志田隼司氏からの報告など

詳しくは、下記文書をご覧ください。
http://sawarabi.a.la9.jp/bannbaomuroyama/160410information.pdf

市民講座「史料として『日本霊異記』を読む」 のご案内 - さわらびT

2016/04/09 (Sat) 19:56:06

皆様へ
ご健勝のことと存じます。4月の加藤先生の講座をご案内します。

市民講座 「史料として『日本霊異記』を読む」
講師: 加藤 謙吉氏(成城大学・中央大学兼任講師)
日程: 4月16日(土)
時間: 10時半~12時
会場: 北とぴあ807会議室
会費: 各2,000円(当日会場で申し受けます。)

『霊異記』上巻第5縁には「大部屋栖野古(おおとものやすのこ)」の伝記が、紀伊国名草郡の大伴氏の家伝に基づき記されています。
加藤先生は、山梨県の浅間神社の宮司である古屋家に伝わるつたわる系図「古屋家家譜」の伝承は、この紀伊国名草郡の大伴氏がかかわっていると考察されます。
ご期待ください。

【講師からのコメント】
『日本霊異記』というと、仏教の因果応報思想に基づき、現代人からすれば不条理でおどろおどろした「霊異」の世界が展開する説話集という印象を強く受けます。
しかし景戒が力説する「現報善悪」の仏教的価値観を離れて、その背景となる時代相を読み解いていくと、随所に新たな認識につながる様々な歴史的事実を発見することが可能です。一見怪しげで、それでいて魅力的なこの説話集に一緒にチャレンジしてみませんか。

【次回の講座】 5月21日(土)808会議室

5/4馬場小室山遺跡のクリーンアップと青空考古学教室 - 馬場小室山遺跡研究会Mail URL

2016/04/02 (Sat) 08:58:57

5月4日(祝)【馬場小室山遺跡のクリーンアップと青空考古学教室】のお知らせ

埼玉県史跡・馬場小室山遺跡のクリーンアップと青空考古学教室を行いますので、ぜひご参加ください。

☆日時 : 5月4日(みどりの日)に午前10 時 (正午頃終了 雨天中止!)
☆集合場所 : 三室中学校前バス停(東浦和駅前から馬場折返場行きに乗車)
☆主催 : 馬場小室山遺跡に学ぶ市民フォーラム

さいたま市立三室中学校の南側に隣接する馬場小室山遺跡は、人面文土器ムロさまで有名ですが、昨年3月に市の史跡から埼玉県の史跡となりました。つぎは国の史跡にチャレンジですね!
毎年みどりの日恒例になりました、市民の憩いの里山となるよう行政だけでなく、皆できれいにするイベントです。
地形を観察すると、窪地を囲むようにして暮らしていた縄文時代のむらのようすが想像できます。考古学の専門家がわかりやすくご説明します。

参加自由!! ご家族連れ・小・中学生歓迎!!
安全第一で活動しやすく汚れてもよい格好(長袖シャツ・軍手・運動靴など)でご参加ください。

地図入りポスター
http://sawarabi.a.la9.jp/bannbaomuroyama/160504PR.pdf

3/27馬場小室山遺跡フォーラム 第72回ワークショップのお知らせ - 馬場小室山遺跡研究会Mail URL

2016/03/11 (Fri) 09:59:45

今年2016年も見沼の桜満開のもと、第72回ワークショップを開催します。

1.日時:2016年3月27日(日)10:00~16:30 
2.集合場所:JR武蔵野線 東浦和駅ロータリー 10:00集合
  午後(13:00~)は三室公民館2F和室に移動します。

3.活動内容 : 
3-1.「見沼文化」の「摘み田」から弥生時代の水稲を考えるお花見
・見沼田んぼの特徴は戦後も続いた「植え田」と「摘み田」の混在分布が端的に示す、田んぼの泥質対応にあります。

3-2.馬場小室山遺跡第32次(2004年発掘)調査報告書を受けて
・学術ボランティアの方々に報告書が寄贈されました。今後、内容をテーマ別に検討しますが、先ずは「水平堆積」による形成概念として提案された「環堤土塚」の社会構成論的意義について、類例の氷川神社遺跡も含め、概観します。
・概観は、昨年来行ってきました「さいたまスタディーズ」でのプレゼン内容を中心にお話します。
3-3.その他情報交換など
・5/4(みどりの日)の「クリーンアップ大作戦」に向けての準備など、

☆参加希望の方は資料などの準備もありますので、3/23(水)までにこの投稿者へのメールにてご連絡ください。

3.13見学会「旧本埜村の石仏を探る」の案内資料 - 蕨由美Mail

2016/03/05 (Sat) 18:33:29

2016年3月13日(日)
房総石造文化財研究会主催見学会「旧本埜村の石仏を探る」の案内資料をHP「さわらび通信」にアップしました。

案内資料(PDF)
http://sawarabi.a.la9.jp/160313motonosekibutu.pdf

地図1中根地区
http://sawarabi.a.la9.jp/MAPnakane.jpg

地図2笠神地区
http://sawarabi.a.la9.jp/MAPkasagami.jpg

三義人碑写真 
http://sawarabi.a.la9.jp/160313sanjijinnhi.jpg

三義人碑銘文(PDF)
http://sawarabi.a.la9.jp/160313sangijinhimeibunn.pdf

ご参加の方は、印刷してお持ちください。

集合は、印西市本埜支所 9時40分です。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.